ネーミングに役立つ類語・連想類語でブログ名を考えてみた【ネーミング辞典もある】

スポンサーリンク
アイデア出しブログ

2019年2月1日から成り行きでブログの毎日更新をやってみてたんですが、途中からどうもブログ名が気になり始めてしまい、最初に思いつきでブログ名をつけてしまったのも悪いんですが、やっぱり気になる!

ということで、更新は一旦終了して、ブログ名を数日集中して考えてみることにしました。

気になったまま日々を過ごすのって、なんか気持ち悪いじゃないですか。(^^;

スポンサーリンク

ブログ名が気になり始めた

最初につけたブログ名は本当にサクッと思いつきで付けました。

最初はその名前で特に気にならなかったんですよね。

でも、記事を書いていくうちに段々と、なんとなくこんな方向性のブログがいいかなーというのが少し見えてきたというか、そういうのが出てきてしまって、段々とブログ名に違和感を覚え始めてきました。

たまたまブログの毎日更新をやっていたため、この違和感を感じつつも記事を書くことを優先していたのですが、22日目にしていよいよこの違和感が毎日更新を超えた感じです。

とりあえずこの違和感をなくすのが先だということで、自分なりに納得する名前を思いつくまで、ここはじっくりと「ブログ名」だけを考えてみることにしました。

関連ワードを書き出しと組み合わせ

ネーミングの作業は、関連ワードの洗い出しと、組み合わせ(組み合わせた造語)をひたすら繰り返します。

  • ブログイメージに合うワードをひたすら書き出す
  • 書き出したワードをひたすら組み合わせる
  • 実際ブログタイトルに設定して納得感を確認

基本はこの繰り返しですが、関連ワードの洗い出しに便利なツールが「類語・関連類語辞典」です。

ネーミングに役立つ「類語辞典」って何?

ネーミングでよく使われるものに「類語辞典」があります。

類語とは「意味が似ている語」のことを言います。

言葉のバリエーションを考えるときに、似た言葉というのが色々ありますよね、これがネーミングにはとても役立ちます。

関連ワードを書き出す際には「類語辞典」を活用しましょう。(日本語だけでなく英語もありますよ)

「連想類語」も使いましょう!

もう一つ「連想類語」というものがあります。

「連想類語」は、その言葉から推測される類語+連想後+同義語です。類語も含めてこれらを一気に列挙できるので、言葉のバリエーションを考える時にはものすごく便利です。

ぜひ活用しましょう!

決定の基準は自分の納得感です

何度もワードを組み合わせては、その都度納得感を確認、「なんか違うな…」をひたすら繰り返します。僕の場合、今回は約3日弱ほどでやっと自分なりに納得感を得られる名前が(大したネーミングでもありませんが…)決まりました。

本当はもっとサクッと思いつくような名前だと良いと思います。

ネーミングで、割と「これしかない!」とすぐ思える場合がありますよね。そういう名前はだいたい間違いない場合が多いです。そうでない場合は試行錯誤が必要なので、試行錯誤しましょう。

ブログ名は変えても良いので、その時のベストで良いと思います。僕もひとまず100%ではありませんが違和感は無くなったので、ひとまずOKとしました。

※最初は具体的なワードを入れた方がいいかなとか思ったりして色々試してたんですが、やっぱりなんか違うなということで、最終的にはイメージ優先の組み合わせが一番しっくりきたので、そんな感じの名前になりました。

まとめ

本業でも副業でもネーミングを検討する機会がたまにあるんですが、すぐに決まったり、なかなか決まらなかったりと、場合によって本当に様々です。

ネーミングには色々な意味や思いを込めたくなります。

見た目、音の響き、受ける印象も重要なポイントです。

いずれにせよ納得感が大事かなと思います。

ネーミングの参考には「ネーミング辞典」がオススメです。いろんなジャンルの辞典があるので、「ネーミング辞典」はいくつか持っておくと良いですよ。

コメント