副業こそ本気でやるべき理由【大事なのはプロ意識】

スポンサーリンク
ビジネス副業・転職

副業こそ本気でやらないといけませんよ、というお話です。

ビジネスをやる上で、お客さんにとっては相手が素人かプロは関係ありませんよね。例えばお問い合わせ窓口対応で、窓口の人が素人かプロかは、問い合わせる側にとっては関係ありません。当然のようにプロだと思って接してきます。「初心者なので…」とかは通用しませんよね。

自分がお客さんの側から考えれば当然の話なんですが、副業となるとわりとこれを忘れがちな気がします。

スポンサーリンク

自分がプロだという自覚を持つべし

お店で買い物をした時、タクシーに乗った時とか、「すいません初心者なんで(テヘペロ)」とか通用しませんよね。

お客さんは当然のようにあなたのことをプロという前提で接して来ますから、お客さんの前に立つからには、プロとして対応する必要があります。

そう、あなたは(客観的に)既にプロなのです!

なので、たとえ初心者だとしても、ちゃんとプロ意識を持って、プロとして振舞うことが大事です。

みんな最初は初心者です

とはいえ、みんな誰でも最初は初心者ですよね。なので安心してください。

ここで大事なのは、相手がこちらを「プロだと思っている」ということなので、やるべきことは、このギャップを埋めていく、ということです。

この記事を読んでいるあなたも経験があるかもしれませんが、新人の頃は必死に先輩の真似をしたり自分で勉強したりして、なんとかプロになる努力をしませんでしたか?普通にやったと思うんですよね。

これがなぜか副業だと、そこまで出来ない、というのが多い気がします。

副業といえども、ビジネスはビジネスなので、プロと同じ土俵で戦わないといけません。ということは、自分もプロに近づいていく努力をするのは当然で、副業というのが本業よりも簡単なイメージがあるのだとしたら、そんなことは無いので、むしろ副業こそ本気でやらないといけないわけです。

「副業こそ」というよりは、本業か副業かは関係なくて、どちらも同じビジネスなので同じようにやりましょうということですね。

コツコツ続けることが大事

ワンクリックで誰でも簡単に稼げるとかそんなうまい話はなくて、ほとんどの人は少しやっただけで「全然稼げないじゃん!」といった感じでやめていくのです。

逆に言うと、残っているのはコツコツとやり続けてちゃんとプロにたどり着いた人、ということなんですよね。ここ超大事です。

新人から始めて現場を任せられるまでの経過と同じように、副業でも最初は初心者から始まって、いずれプロに成長していくわけですから、それが一番大事かなと思います。

本業では普通にそういう意識でやっているのに、副業だと「片手間で簡単に稼げる」みたいなものに誘惑されがちな気がするので、「副業こそ本気でやるべき」というタイトルにしてみました。

本業も副業も同じビジネスなので理屈は一緒です。

ぜひプロ意識を持って取り組みましょう。

コメント