高機能な WordPress 無料テーマ「Cocoon」のご紹介

スポンサーリンク
cocoonブログ

WordPressのテーマには有料無料いろんなものがありますが、今回は無料なのが不思議なほど高機能な有料級の超絶WordPressテーマ「Cocoon」をご紹介します。

このブログも「Cocoon」を使わせていただいてます!

スポンサーリンク

作者の「わいひら」さんが凄い

Cocoonは「わいひら」さんという方が開発公開されています。

まずはプロフィールをご覧ください。

「Cocoon」は、人気の無料テーマ「Simplicity」の後継となるテーマです。「Simplicity」で寄せられた数々のフィードバックを元に開発されており、ある意味で現時点での集大成的なものに仕上がっているのが「Cocoon」というわけです。

それはもう叩き上げられているということですね。

「グーテンベルグ」にも積極的に対応

WordPress 5.0 で正式に採用になった、ある意味(良くない方向で)話題の「Gutenberg(グーテンベルグ)」エディタにも積極的に対応しています。

「Cocoon Blocks」というプラグインがあるんですが、日々更新されていてどんどん対応が進んでいます。

※わいひらさんも一部開発に苦労されているようなので、プログラミングできる人はプルリク募っているのでぜひ。

ちなみに、僕も最初だけクラシックエディタを使ってましたが、「Cocoon Blocks」を入れてからグーテンベルグでやってます。おかげさまで不足は感じません。ていうか、ブロックエディタに慣れてきましたw

僕のカスタマイズ方法

ぶっちゃけほとんどデフォルトです!

「Cocoon」には見た目を簡単に変えられる便利な「スキン」という機能があるんですが、僕はスキン無しのデフォルトのまま使ってます。

何というか、デフォルトのシンプルさが気に入ってます。シンプルなものが好きなので、ちょっとしかいじってません。

デフォルトの外観をベースに、出来るだけ標準機能だけで変更してますね。

標準機能で出来ないところだけを一部スタイルシートをいじって変えてるんですが、見た目いじる時間を費やさずに最初から記事を書くことに専念できてます。これが一番良かったと思ってて、本当に感謝しています。

「Cocoon」はこんな人におすすめ

「Cocoon」はこんな人におすすめです。

・多少 HTML / CSS の知識がある人

簡単に見た目を変えられる「スキン」機能もあるんですが、基本的には自由にいじれるように最低限のデザインというのがコンセプトなので、全く HTML / CSS の知識がないと、ちょっとしたところでつまづく可能性があるかもしれません。

その場合は普通に有料テーマを購入した方が良いです。

要は見た目をいじっている時間よりも記事を書いた方がいいわけで、無理だと思ったらさっさと有料テーマを購入して、記事を書く方に専念した方が有意義かなと思ってます。

なので、その辺は大丈夫という人には「Cocoon」はおすすめです。

コメント